末武造園土木です

防犯に配慮した剪定 〜 表から見えず、内側からはよく見える濃さ

生垣は、宅地内と外界を遮るよい方法なのですが、密度の高い生垣は防犯の面から好ましくないことも。薄くしかした生垣は、外部から宅内は殆ど気にならないほど見えませんが、宅内から外部はよく見えます。侵入者に与える心理的効果を考えると、このバランスがベストと考えます。

防犯に配慮したメンテナンスも、プロの造園屋さんならではのお仕事です。

年々薄く仕上げていきます

施工前初年、施工前の様子

あまり密度の濃すぎる生垣は、侵入者が外から全く見えず、防犯上あまり好ましくありません。
ご依頼は「透かせてほしい」とのこと。
でも、カイヅカイブキを一気に強く刈り込むのは美観上好ましくないのです。
経年で自由成長した枝を、まずは綺麗に整えます。

1年後の施工前整枝(刈り込み剪定)

まず初年は、綺麗に刈り揃えることに重点をおきました。
但し、表からは見えませんが、家側の枝を大きく抜いて、宅内から見ると幾分か透けてます。
万が一侵入者があっても、外部からの視線が若干気になるはずです。

2年後の施工後翌年の整枝(刈り込み剪定)

翌年は宅内側は更に薄く、また表側もいくらかつまみながら剪定して透かせています。
当初の枝密度と比較すると随分薄くなっていますが、それでも道路から宅内が見えてしまうことはありません。

カテゴリーのトップへ戻ります ▲

お問い合わせ

【株式会社末武造園土木】〒505-0013 岐阜県美濃加茂市下米田町信友69 TEL:0574-26-4416

【営業エリア】地元の岐阜県美濃加茂市や可児市はもちろん、多治見市、土岐市、関市、各務原市、岐阜市、大垣市、
愛知県は犬山市、春日井市、小牧市、名古屋市など、近隣市町村のさらに先まで、ご依頼に合わせて伺っています。
少人数の会社です。お見積り等の事前訪問は作業の合間に行っています。そのため少しお時間を頂くこともありますが、ご了承ください。

当社ホームページ内の写真及び文章は、本当に全てオリジナルなんです。なので無断使用は禁止です。
とはいえ気難しいことは言いませんから引用されたい方は事前に、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡くださいね。

Copyright(c)2012 末武造園土木. All Rights Reserved.