末武造園土木です

お庭の防草処理(名古屋市名東区) 〜 草引き(雑草の処理)手間を軽くします

土があるところには、必ず雑草が生えてきます。一言に雑草といっても、それぞれの草にも名前があるのですよ。
ただ、本来目的としていないのに生えてくる多種多様な草は「雑草」。草引きの手間を軽減する防草処理です。
当社のホームページをご覧頂いて、インターネットからご依頼を頂きました。ありがとうございます。

お庭の草引き(雑草処理)の時間が取れない!

普段の平日、また人によっては土日祝日など、週の殆ど毎日お仕事に出かけられる方が殆どです。
案外厄介なのが雑草の処理。
雑草のしょり(草引き)にも時間がかかります。でも仕事で忙しくて面倒が見ていられないという方が多いですね。
必要な緑地以外は、草が生えにくくなるよう「防草処理」を施しました。

作業前と、作業後。

玄関周り。
もとはバラをはじめいろいろな植物を植えられていたようですが、毎日のお仕事で忙しいこと、そのため雑草の処理まで手が回らないことなどから、随分と草が生い茂ってしまいました。
左:施工前、 右:完了
作業前 完了

隣地との隙間など、細い箇所は草引きに入っていくのも大変です。
作業前 完了

隣家との間が殆ど無い箇所。特にこのような箇所に草が生い茂るのは、近所付き合いの面からもよろしくありませんね。
作業前 完了

敷均し前の下処理「草引き」

施工前にはまず草引き。徹底的にきれいに仕上げます。
また、残しておきたい植物もあるので、これらは一旦植木鉢に避難させます。
移植

下地作り

草の処理が終わったら下地の仕上。仕上がり高さから3cm低く、均一に仕上げます。
このときの均し方一つで、仕上がり面のでき具合が違ってきます。丁寧に細かいところまで均しますよ。
下地整正 整地

固まる土を均して、水をかけるだけ。

下地がきちんと出来上がったら、仕上げ材を3cmの厚さで敷均します。
左官用のコテを使って平らに、また表面水の流れ先にも配慮して均します。

均し終わったら、ジョウロ等で軽く水を掛けます。
最初はアッサリと表面が軽く湿る程度。2回目は1回目が乾く少し前に軽く。
3回目は1回目から2時間ほど後に、表面に水が浮かない程度にシッカリと散水します。
敷均し コテ均し

お問い合わせ

【株式会社末武造園土木】〒505-0013 岐阜県美濃加茂市下米田町信友69 TEL:0574-26-4416

【営業エリア】地元の岐阜県美濃加茂市や可児市はもちろん、多治見市、土岐市、関市、各務原市、岐阜市、大垣市、
愛知県は犬山市、春日井市、小牧市、名古屋市など、近隣市町村のさらに先まで、ご依頼に合わせて伺っています。
少人数の会社です。お見積り等の事前訪問は作業の合間に行っています。そのため少しお時間を頂くこともありますが、ご了承ください。

当社ホームページ内の写真及び文章は、本当に全てオリジナルなんです。なので無断使用は禁止です。
とはいえ気難しいことは言いませんから引用されたい方は事前に、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡くださいね。

Copyright(c)2012 末武造園土木. All Rights Reserved.