末武造園土木です

剪定の対象となる枝と剪定方法 〜 剪定で切る枝には、その理由があります

剪定作業のポイントは、ただ単に切るだけではなく、将来の樹形を踏まえたり、樹冠内への日射しの取り込みを目的にしたり。

剪定の、もっとも基本的なことは、案外汎用的な要素となります。

剪定作業で切除するのが好ましい枝

剪定対象枝(全体図)剪定の対象となる枝

剪定では、ただ闇雲に枝を切っているわけではないのですよ。
基本的には樹形を乱す枝について切除して整えています。

また樹木全体を見たときに、部分的に枝の多いところや少ないところなどのムラが無いようにバランス良く整えます。

赤色の枝が対象となります。

剪定の方法

切り詰め剪定切り詰め剪定

長さを短くするときに用いますが、枝元で切るのではなく翌年の芽の上部で切除することで、枝の先枯れを防ぐことができます。

外を向いた芽のすぐ上で切ることで、横方向への広がりを生かした自然樹形で成長させることが出来ます。

切り返し剪定切り返し(切り戻し)剪定

枝の長さが伸びてしまったものを小さくまとめる場合には、切り替えし剪定を行います。

切る部位は「切り詰め剪定」と同じように、芽のすぐ上で切り取ります。

枝透かし剪定枝透かし剪定

成長によって枝数が多くなった時には、枝数を少なくする枝透かし剪定を行います。

カテゴリーのトップへ戻ります ▲

お問い合わせ

【株式会社末武造園土木】〒505-0013 岐阜県美濃加茂市下米田町信友69 TEL:0574-26-4416

【営業エリア】地元の岐阜県美濃加茂市や可児市はもちろん、多治見市、土岐市、関市、各務原市、岐阜市、大垣市、
愛知県は犬山市、春日井市、小牧市、名古屋市など、近隣市町村のさらに先まで、ご依頼に合わせて伺っています。
少人数の会社です。お見積り等の事前訪問は作業の合間に行っています。そのため少しお時間を頂くこともありますが、ご了承ください。

当社ホームページ内の写真及び文章は、本当に全てオリジナルなんです。なので無断使用は禁止です。
とはいえ気難しいことは言いませんから引用されたい方は事前に、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡くださいね。

Copyright(c)2012 末武造園土木. All Rights Reserved.