末武造園土木です

マツノザイセンチュウの抽出方法 身近な材料を使って作る、ベールマン漏斗

松枯れの原因「マツノザイセンチュウ」は、長さ1mmにも満たない小さな線虫。
その虫を幹から分離して、ルーペ等で観察可能にする方法です。
ベールマン漏斗法、身近な材料で行います。資材は500mlのペットボトルとティッシュペーパーだけなんです。

マツノザイセンチュウを分離します

動画でご覧いただけます

マツノザイセンチュウを分離するには、簡単な器具を作ります。
動画で紹介します。(各画像をクリックすると、動画が再生されます)

ベールマン漏斗

ベールマン漏斗

ベールマン漏斗

ベールマン漏斗_よく洗いますペットボトルはきれいに洗浄

飲んだ後のペットボトルを使いますから、中をきれいに洗います。

何でもそうですが、作業で大事なことは「整理整頓清潔」。

きれいにしておくことが丁寧な作業の要ですよ。

ベールマン漏斗_真ん中で切り分けます半分の長さに切り分けます

ペットボトルの「胴」の部分を、約半分の長さに切り分けます。

カッターナイフで切りますが、ペット樹脂は思いのほか切りにくいもの。

手を切らないように注意しましょう。

ベールマン漏斗_水抜き穴を開けます水抜き穴を開けます

ペットボトルの「肩」の部分に、直径3mm程の水抜き穴を開けます。

抽出完了したときに、水を静かに抜くための穴です。これを忘れると、せっかく沈澱している線虫を混ぜてしまうことになりますから、忘れないように。

ベールマン漏斗_セロハンテープでふさぎますとりあえず「セロハンテープ」

抽出完了するまでは、水が漏れないようセロハンテープで穴を塞いでおきます。

ベールマン漏斗_漏斗本体の完成本体の完成です

これで、抽出に使う漏斗本体の完成です。

左側は漏斗本体。

右側は、漏斗を立てておくスタンドとして使います。

抽出作業に入ります

ベールマン漏斗_マツの幹片をティッシュペーパーで包みます試料を細かく刻んでティッシュで包みます

材線虫病で枯れたと思われるマツの枝を細かく刻んで、ティッシュペーパーで包みます。

ポイントは、樹皮、辺材部、芯材部全てを刻んで入れることだけ。ティッシュペーパーかキッチンペーパーで包みます。

目が細かくて線虫が落ちないような気がしますが、大丈夫。マツノザイセンチュウは本当に小さくて細い虫です。ティッシュの網目は簡単にくぐり抜けますし、ハサミで切った程度の細かさなら、線虫が刻まれてしまう量もほんの僅かです。

ベールマン漏斗_水を入れて一昼夜放置します水を入れて一昼夜放置します

直ぐには抽出できません。水の中に出てきて、ティッシュの網目をくぐり抜けて、重力で底部に溜まるまでには一昼夜必要です。

もちろん、数日間放置しても大丈夫。マツノザイセンチュウはそう簡単に死滅しませんからね。

シャーレで観察します溜まった液を調べます

一昼夜放置した後、水抜き穴のセロハンテープを取り去って上澄みを排水し、キャップに溜まった抽出液をシャーレ等の観察しやすい器に入れます。

目で見て判る大きさではないので、ルーペ等を使って観察します。虫眼鏡では難しいかな。20倍以上の倍率のものを使ったほうが良いですよ。

マツノザイセンチュウか、その他の線虫かは、顕微鏡を用いてマツノザイセンチュウの特徴点を詳細に調べる必要がありますが、り患した末から大量の線虫が分離されるときは、その殆どがマツノザイセンチュウと考えても良いかと思います。

更に、マツノザイセンチュウはとても小さなものですし半透明なので、観察するには「黒色の下敷き」が必要です。

カテゴリーのトップへ戻ります ▲

お問い合わせ

【株式会社末武造園土木】〒505-0013 岐阜県美濃加茂市下米田町信友69 TEL:0574-26-4416

【営業エリア】地元の岐阜県美濃加茂市や可児市はもちろん、多治見市、土岐市、関市、各務原市、岐阜市、大垣市、
愛知県は犬山市、春日井市、小牧市、名古屋市など、近隣市町村のさらに先まで、ご依頼に合わせて伺っています。
少人数の会社です。お見積り等の事前訪問は作業の合間に行っています。そのため少しお時間を頂くこともありますが、ご了承ください。

当社ホームページ内の写真及び文章は、本当に全てオリジナルなんです。なので無断使用は禁止です。
とはいえ気難しいことは言いませんから引用されたい方は事前に、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡くださいね。

Copyright(c)2012 末武造園土木. All Rights Reserved.