末武造園土木です

巨樹の移植(植え替え)作業 (美濃加茂市 某所グラウンド) 〜 地域で大切にされている樹木を守るお手伝い

何らかの都合で支障となった樹木の運命は、「伐採処分」か「移植(植え替え)」です。小さな木々は残念ながら処分されてしまうことが多いですが、特別な思い入れのある樹木は「移植」という手段で生き守られることがあります。

これは、道路拡張工事で支障となったシラカシの移植作業のようすです。

約16トンの巨樹を、10m程の隣へ移植します

掘り取りと根巻き根まきは何重にも

この工事は初冬(12月)に行っていますが、移植作業に先立って、公共工事の発注直後に根の切り廻しを(数ヶ月前に)行っています。

根株の周りは重機(バックホウ、0.4 m3)で全周を掘り回ります。この際、粗く割れたように切れてしまった根は、鋭利な刃物やハサミ等で切りなおします。きれいな切り口からは、次の発根が早いのです。

幹の太さにあった直径と深さに掘り回ることができたら、麻製の根巻きテープで根鉢の周りを何重にも巻きます。でもこれは、根巻きの第一段階。これからが大変ですよ。

根巻き完了何重にも縄で巻き締めます

根株周りを根巻きテープで巻いたのち、麻製ロープを使って根鉢を何重にも巻き締めます。これはクレーンで吊ったときや運搬時に根鉢が崩れてしまわないようにするため。根鉢が緩むと水分等を吸収するための「吸収根」が切れてしまい、樹種によっては移植後の活着率が極端に悪くなってしまいます。

今回はトラック運搬無しの、クレーン吊り移動のみなので、安全に運搬(吊り移動)可能な程度に、比較的簡単な巻き締めで済ませていますが、トラック運搬が必要な場合は、根巻きテープが見えなくなるくらいに縄で巻き締めますよ。

植穴底部には盛土を移植先です

移植先の穴は、あらかじめ掘っておきます。

その際に、穴の底部には緩い山状に良質土を盛り上げておきます。

これは、植えた後に土を掛けても根鉢の底部には土を詰めることができないことから、あらかじめ底部に十分接する分の土を盛って充填可能にしておくためです。

これも、移植の活着率を向上するためのコツです。

25tクレーン使用今回は25tクレーンです

今回の樹木は「シラカシ」。冬の休眠木とはいえ、他の樹種と比べても材質の重量が重い種類ですし、さすがに太く根鉢も大きく取ってあるため、重量は相当なものです。

吊りあげ時に計測してもらうと「16トン」。

なかなかの重量です。

水ぎめ作業水極めで土を詰め込んでいきます

所定の場所に、立て起しを見ながらバランス良く植えた後は、直ちに土で埋めていきます。

土で埋めるといっても、植穴の深さは1m50cmも。突いた程度では底部まで十分に詰まりません。そんな時は水を使って土を流し込みながら底部まで送り込みます。

土の液性限界を越えさせて、流動性を持たせた土を突きながら根鉢の奥へと送り込みます。

この方法は、どんな中低木にも適用可能ですよ。

支柱設置で完成支柱を取り付けて完了です

根鉢の周りには「水鉢」という水がたまるような土手を廻し設けます。

また風等で揺さぶられないよう、丸太(今回は6m)で八ッ掛丸太支柱を組み付けて完了です。

カテゴリーのトップへ戻ります ▲

お問い合わせ

【株式会社末武造園土木】〒505-0013 岐阜県美濃加茂市下米田町信友69 TEL:0574-26-4416

【営業エリア】地元の岐阜県美濃加茂市や可児市はもちろん、多治見市、土岐市、関市、各務原市、岐阜市、大垣市、
愛知県は犬山市、春日井市、小牧市、名古屋市など、近隣市町村のさらに先まで、ご依頼に合わせて伺っています。
少人数の会社です。お見積り等の事前訪問は作業の合間に行っています。そのため少しお時間を頂くこともありますが、ご了承ください。

当社ホームページ内の写真及び文章は、本当に全てオリジナルなんです。なので無断使用は禁止です。
とはいえ気難しいことは言いませんから引用されたい方は事前に、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡くださいね。

Copyright(c)2012 末武造園土木. All Rights Reserved.