末武造園土木です

坪庭作り (美濃加茂市 I様邸) 〜 限られたスペースに、ホッとする空間を作ります

ちょっとしたスペースに小さなお庭を設けるのは、最近の住宅事情に適している場合も。

作り手としても、その小さな空間へ何をどのように組み込もうかといろいろと頭を使いますから、楽しいんですよ。

1階の真ん中に開いた空間に、坪庭の風景を作らさせて頂きました。

坪庭(中庭)白砂利敷の中に、盛り土と景石で立体感を作っています。

主木には「ソヨゴ」をあしらいました。

坪庭(中庭)落葉が少なくて、中庭のような半日蔭でも比較的健全に育つ種類です。

ご要望の「小さい池」も。

坪庭(中庭)小さな池のご要望がありましたので、水深の浅い池を組んでいます。

盛り土部分の地被植物は「タマリュウ」。

坪庭(中庭)盛り土部分にはタマリュウを植えて、緑をあしらいました。

あらゆる方向から見て頂けるように。

リビングスペースから見た風景。
坪庭(中庭)

キッチンスペースからみた風景。
坪庭(中庭)

全方向から見える中庭

この中庭は、四方を部屋や通路で囲まれていて、全方向から見られる「表と裏」の区別がつけにくい場所にあります。

建物の中心部にある中庭なので、大きくなりすぎる木や水を欲しがる木、また落葉で多くの葉を落とす木を採用するのは避けておきます。 
見栄えはもちろん大事ですが、できるだけメンテナンスと水やりの手間がかからないように配慮します。

重量物は基礎工事後に搬入します

建築図面には中庭が描かれていたのですが、お客さんの都合で建築が先行して、中庭の詳細計画は後回しに。
でも図面上に中庭が書かれてますから、いずれ必ず施工しなければなりません。
かといって建物完成後に重量物を搬入するのは大変で危険も伴います。

予算にかかわらず最低限必要な庭石は基礎工事が完了した時点で搬入しておきました。

 でも今回、予算の関係上「クレーン」が使えません。
人力で動かせる範囲で景石を配置します。さぁ、この状態から施工開始です。

上からも見れますから...

この中庭は、周囲360度から見ることができる他、2階のベランダからも見下ろすことができるのです。
とにかく隠れるところがないお庭です。

 見附けの順位は、

  1.リビング兼客間
   2.ダイニング
   3.奥座敷
   4.2階廊下

  で考えてあります。

カテゴリーのトップへ戻ります ▲

お問い合わせ

【株式会社末武造園土木】〒505-0013 岐阜県美濃加茂市下米田町信友69 TEL:0574-26-4416

【営業エリア】地元の岐阜県美濃加茂市や可児市はもちろん、多治見市、土岐市、関市、各務原市、岐阜市、大垣市、
愛知県は犬山市、春日井市、小牧市、名古屋市など、近隣市町村のさらに先まで、ご依頼に合わせて伺っています。
少人数の会社です。お見積り等の事前訪問は作業の合間に行っています。そのため少しお時間を頂くこともありますが、ご了承ください。

当社ホームページ内の写真及び文章は、本当に全てオリジナルなんです。なので無断使用は禁止です。
とはいえ気難しいことは言いませんから引用されたい方は事前に、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡くださいね。

Copyright(c)2012 末武造園土木. All Rights Reserved.