末武造園土木です

玄関前の小スペースを坪庭に(可児市、某高等学校) 〜 管理が容易な、石と竹の小スペース

開校30周年を記念して、玄関前の植込み地を見た目よくしたいとのご依頼。
上には庇がせり出しているので雨が当りません。乾燥に強い植物と石と砂利で仕上げます。

玄関前、両袖の緑地帯をサッパリと仕上げます

坪庭作り玄関前の工事です

(写真にマウスをONすると絵が変わります)

玄関前にはサツキツツジの植込みと、誰かが適当に配置したであろう庭石と砂利が敷いてあります。
今回は開校30周年記念ということで、玄関両脇の緑地をきれいに仕上げてほしいとのご依頼です。

玄関前の両袖、着工前と完了

(写真にマウスをONすると絵が変わります)

玄関前(左) ,坪庭作り(右)

現況の姿から察するに、建築当初はこの植樹枠にサツキツツジが密植されていたのでしょう。
庇があるために、雨が当りにくい柱付近のサツキツツジは絶えてしまい、心のある方が景石を置いて砂利を敷いたのでしょう。

竹・笹類、築山はマルチング、他は石と砂利で仕上げます

坪庭作り(左) 坪庭作り(右)

雨が当りにくい庇の下ですから、サツキツツジをはじめ普通の植物を植えたのでは耐えてしまう可能性が大。
今回は乾燥に強い「ホウライチク」「ヒメコマチ」を緑としてあしらい、築山部はウッドチップで覆い、景石と砂利敷きで空間を演出しました。

学校の玄関ですから、斬新なものはチョットねぇ。極々あっさりと仕上げました。

撤去サツキツツジの撤去です

庇の下に掛かるサツキツツジは部分的に撤去します。
左右の植樹枠とも同じようにすることで、左右対称の空間が生まれます。

景石設置と植樹、ウッドチップ敷きです

景石設置 植樹とマルチング

サツキツツジを撤去したら、先ず最初に景石を配置します。
バランス良く、並ばないように、後に来る植樹のことも考えて配置します。

景石を据えて植樹を行った後は、土で築山を作ります。
今回は築山部にマルチング用チップを敷きならします。色濃く仕上がるので、植樹の根元をスッキリと見せることができます。

砂利敷きと防草シートはセットです

防草シート 砂利敷き

砂利敷きのご依頼を時々承ります。
目的は美観ももちろんですが、「雑草が生えないように」というのが主な目的の場合が多いですね。
砂利を敷くだけでは雑草が生えてきてしまいますし、いずれ土と砂利が混ざってしまい、見た目にも劣化してきます。
なので砂利を敷く前には殆ど必ず「防草シート」を敷きますよ。これで雑草繁茂の心配はありません。

カテゴリーのトップへ戻ります ▲

お問い合わせ

【株式会社末武造園土木】〒505-0013 岐阜県美濃加茂市下米田町信友69 TEL:0574-26-4416

【営業エリア】地元の岐阜県美濃加茂市や可児市はもちろん、多治見市、土岐市、関市、各務原市、岐阜市、大垣市、
愛知県は犬山市、春日井市、小牧市、名古屋市など、近隣市町村のさらに先まで、ご依頼に合わせて伺っています。
少人数の会社です。お見積り等の事前訪問は作業の合間に行っています。そのため少しお時間を頂くこともありますが、ご了承ください。

当社ホームページ内の写真及び文章は、本当に全てオリジナルなんです。なので無断使用は禁止です。
とはいえ気難しいことは言いませんから引用されたい方は事前に、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡くださいね。

Copyright(c)2012 末武造園土木. All Rights Reserved.