末武造園土木です

シダレザクラを美しく見せるパーゴラ

近所のゴルフ場には、立派なシダレザクラがあります。
クラブハウス付近にも何本か植えられていて、そのうち2本には枝張りを美しく見せる棚「パーゴラ」を植樹と同時に取り付けました。
今回は別の1本にも「下が歩けるパーゴラを」とのご要望です。

作業前と完成

ご注文いただいたのは、まだ葉の生い茂る夏。
生育活動が活発な状態では、葉が邪魔になることや毛虫のこと、また水分を多く含む枝葉は重く施工性が悪いことから、落葉後の冬まで待っていただいての施工となりました。

着工前 完成

シダレザクラの下を通り抜けられるよう

今回のご依頼では、単にパーゴラを作るのではなくて、上段のパター練習場への通路として、シダレザクラの下を通り抜けられるようにとのこと。
ただでさえ急な斜面に設置するのが大変なうえに、3次元的にかなり捻った形になるのは必至。
基本は依然施工の(右写真)を参考に、一部のパーゴラを張り出しながら、地面との高さを取りながらの施工です。

下が歩けるよう 以前の施工例

材料と現地加工

使う材料は、10cmの太さに揃えられて防腐加工を施された丸太と、4寸の青竹多数。
法面で急斜面なこと、屋根の形状が特殊なことから、長尺材を使って、寸法は現地合わせです。

使用材料 現地手加工

まずは建柱

法面での設置工事なので、縦柱の寸法はすべてバラバラ。
11本ある柱を、仕上がり高さから逆算して寸法に切り、垂直の建て起しを見ながら設置です。
ただし、縦柱の位置はあらかじめ決めておきます。

施工中 施工中

横柱を取り付けます

縦柱をきちんと建てこんだ後は、上部をつなぐ横柱を取り付けます。これも現地寸法で都度カット。

組み立て中 組み立て中

細かいルーバー部分は青竹です

屋根の細かい組付けは、青竹を横柱間に格子状に取り付けます。
この時、シダレザクラの枝は、青竹の上を通るよう持ち上げながら設置。
この作業は、ひたすら結束するという地道な作業です。

組み立て中 組み立て中

お問い合わせ

【株式会社末武造園土木】〒505-0013 岐阜県美濃加茂市下米田町信友69 TEL:0574-26-4416

【営業エリア】地元の岐阜県美濃加茂市や可児市はもちろん、多治見市、土岐市、関市、各務原市、岐阜市、大垣市、
愛知県は犬山市、春日井市、小牧市、名古屋市など、近隣市町村のさらに先まで、ご依頼に合わせて伺っています。
少人数の会社です。お見積り等の事前訪問は作業の合間に行っています。そのため少しお時間を頂くこともありますが、ご了承ください。

当社ホームページ内の写真及び文章は、本当に全てオリジナルなんです。なので無断使用は禁止です。
とはいえ気難しいことは言いませんから引用されたい方は事前に、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡くださいね。

Copyright(c)2012 末武造園土木. All Rights Reserved.